【必見】魅惑のファッキングマシーンで素朴な童顔少女を機械姦

ファッキングマシーン SM

Fucking Machine No.02

● 出演:—–

● 監督:碇けいいち

● メーカー:COCOA SOFT

● 収録時間:11分01秒

● あらすじ:手作りで、ファッキングマシーン2号機を作ってみました。今作では、ストローク(出し入れする幅)が、いい感じです。まず、両手足を手錠で動けない様に拘束し、クリトリスには、超強力な小型ロータを絆創膏で止め、乳首は吸引し、アナルには栓をしました。マシーンの速度がアップする程に、感じ方が増す姿は必見です。 ※本編顔出し

無骨な機械、それはFucking Machine

機械にまんこを突かれる

なんの変哲もないワンルームらしき部屋。そこにはギラギラとシルバーに輝く器具が組み上げられ鎮座している。

何か機械的な部品が取り付けられている。形からして前後にピストン動作するような機構のようだ。

 

シルバーのパイプの間にはスリングが取り付けられ、どこか即席で作られた医療用の施術台を思い出させる佇まいだ。

なんとこれは手作りのファッキングマシーン。女のこの器具に乗せ、強制的に股を開かせる。おおっ広げになったマ●コに機械的にディルドを出し入れするという仕組みなのだ。

 

本作はCOCOA SOFTからリリースされているファッキングマシーンシリーズの第2作目。ココアソフトはこういった尖った作品が多いので普段からよくお世話になっている。

 

 

前作が好評であったのでファッキングマシーンを改良し、より一層鬼畜なマシーンを作りあげたらしい。

それにしてもこの作品、たった11分という短い収録時間なのだが、その中に我々サディストの夢が詰まっている。

 

無機質な部屋に無機質なファッキングマシーン。余計なストーリーは一切なく淡々と進められいく責めに好感を持つ方も少なくはないだろう。

素朴な女のまんこを機械で突く

機械 ピストン

部屋に現れた女。dugaのサンプル時点では目隠しがされているのだが、美人すぎず普通の女の子という感じ。地方から上京したての素朴な感じといったところか。

 

程よく締まった身体付きに程よい大きさのおっぱい、モザイクでよく分からないが感度の良さそうなマ●コをしていそうだ。すでにかなり開発されているのだろうか、この先が楽しみだ。

 

身体をファッキングマシーンに預けると、足首は手錠で拘束され強制的に御開帳となる。はたから見るとなんとも情けない、自尊心を傷つけられるような格好。これからこの女のマ●コに自動でズボズボと機械を突っ込んでいくのだ。

機械的に犯す!というのが本作のポイントではないだろうか。

 

拘束して電マやバイブなど使って責める作品は数多くあるとおもうのだが、そこには責める側の意識が大いに関係してくる。

ここは強く責めて感じさせようとか、ここら弱くして少し焦らしてみようなど、相手の反応を楽しみながら調整するものなのだ。

 

しかしこのファッキングマシーンは違う。スイッチを押して稼働し始めると相手が感じていようがいまいが関係ない。スイッチを切るまでは永遠に動き続けるわけだ。そう、それは女がイッても止まらない。

器具に身体を固定され、無慈悲に機械を身体に突っ込まれ続け情け無い悲鳴(喘ぎ声)を上げ続けるしかないのだ。

機械姦だけではない、性的器官への責めも充実

乳首吸引

はじめのうちはどこか余裕を感じさせる表情をしていた女だが、処置が進むにつれてその余裕はどこかへ消えさってしまったようだ。

本作はなにもファッキングマシーンだけではない。手足の拘束に始まり乳首吸引、アナルプラグ装着、そしてクリトリスはのローター装着。性的器官への責めもじっくりと鑑賞することができる。

 

そして極めつけの機械姦。絶頂を迎えてもおかまいなしに動き続ける機械に喘ぎ声が止まらない。それどころかここからスピードを上げてしまう。

余裕の表情から少しずつ厳しい表情へと変わっていく様子と常に一定のリズムで動き続けるマシーンの温度差がなんともいえず興奮のポイントだ。

 

また、本作では他の作品とは違い男性の下手くそな言葉責めは入っていない。

女の苦しむ様子を見ている最中に下手に「気持ちいいだろぅ?」と聞こえると萎えてしまう。そんな心配はなく、女が感じでいる様子な集中できるのもポイントが高い。

 

収録時間が短く前後の流れなどを見てみたいという気持ちもあるかもしれないが、それは自分で妄想することで補完してほしい。

 

オススメの一作だ。

機械に犯される女

 

 


アダルトブログランキングへ
エログ-(エログランキング)