ロリ女が乳首に針を刺され、マンコを縫合され通電棒で内部感電!?

ロリ電気責め SM

PAIN GATE 狂電導恥

● 出演:久我かのん ミラ狂美

● 監督:—–

● メーカー:SCRUM

● 収録時間:122分47秒

● あらすじ:【1】WHIP KICK ATTACKER【2】NEEDLE&STUNGUN【3】TORTURE CHAIR【4】BREATH CONTROLからなる4部構成で終始悲鳴が止むことはありません。本作のスタンガンプレイでは金属越しではなく太もも、乳房に直接あてて通電しています。柔肌に滑り込むストリーマは必見!

久我かのんが徹底的にいたぶられる

ロリ女 鞭打ち

今回は悪名高きPAIN GATEシリーズの中でわたしのお気に入りのひとつ「狂電導恥」をご紹介したい。

なぜお気に入りかというと久我かのんが出演している点。

普通、こういった鬼畜作品には痩せ細った幸薄そうな女が出演するのが定番となっているのだが、本作では肉付きがよくロリ顔ロリ体型の久我かのんが出演しているのだ。

 

そして彼女が身体中をムチで打ち抜かれ、蹴られ、針を刺され、スタンガンで電流責めに合う。

当然、すべて本気の責めだ。その証拠に殺風景な部屋には彼女の絶叫が響きわたり、身体からは血が滴り落ちる。

 

ちなみに本作はサンプル動画があるので、ぜひ確認していただきたい。

スタンガン責め、針責め、そしてマンコ縫合

さて、本作は4つの責めを楽しむことができる。

WHIP KICK ATTACKER

ロリ女 ビンタ

ビンタ、腹パンチ、蹴りとサンドバッグのような扱いを受ける。まずは手始めと言わんばかりに強烈なパンチやビンタをバチバチに決めていく。

顔や腹だけではなく、股間にも強烈なビンタが飛び、脚で責められる。普通のAV作品ではまず受けることのない痛みに、どうしてこの作品に出演したのか…と後悔しているかもしれない。

 

逆さ吊りにされ一本鞭の打撃と禁断の飛び蹴りで振り子のように揺れる肢体。ふくよかな身体に食い込む縄がなんともいやらしい。

ロリ女 マンコ 蹴る

逆さ吊りのまま、綺麗に剃り上げられたマ〇コを弄られると、卑猥な声が部屋に響き渡る。

最後によく耐えたとグラインダーのご褒美。飛び散る火花に身体をくねらせる。これ体験した人には分かるのだが、意外と熱い。ヘタすれば火傷してしまうのだが…

NEEDLE & STUN GUN

乳首 針刺し

椅子に座らせ両手両足を固定して針刺し。耳から始まり胸、乳首にプスリプスリと針を刺していく。

彼女の柔らかそうな皮膚は弾力があり、プスッと針が刺さる様子が伺える。乳首針貫通もなかなかの見もの。

叫び声を上げながらも至るところに針を刺されてしまう。

ロリ女 針責め

そして開口器の栓を開け画鋲を大量投入からのビンタ。

 

そして本作のメインのひとつ、激痛スタンガン責めだ。

バチっバチっと音を立てるスタンガンが、彼女の自由を奪っているチェーンではなく、彼女の身体に直接当てられる。

 

他の作品では金属越しが多いのだが、本作は直接スタンガンを肌に当てており、実際に本気で悶絶している様子が見てとれる。

針をさされた箇所から血を流しながらの電気責めは、本当の拷問を見ているようだ…。

BREATH CONTROL

ロリ女 窒息

グローブ手枷をつけて指の自由を奪い、縄による首絞め、頸動脈絞め、ビニール袋を被せて窒息放置からの失神。

TORTURE CHAIR

マンコ 電極棒

さて、本作のもうひとつのメインパートとなるのが、椅子に拘束されて局部縫合、局部電流責め。

まさに電極棒を挿入されての伝導処刑なのだ。

 

もうこればかりはかなりのエグさ。

 

局部縫合による出血でマ〇コに血が滴り落ちる中で、電極棒をマ〇コに挿入される。

出血と充血によって敏感になっている内部で感じたことのない激痛が走り悶絶してしまう。

 

 

全編を通して責めを受けるたびに不自由な体を仰け反らせ、絶叫を上げるシーンは見ていてゾクゾクする。とても反応がよく、いい声で鳴いてくれるではないか。

 

 


アダルトブログランキングへ
エログ-(エログランキング)