【PAIN GATE】電流に串刺し、そして首吊!ロリ女が苦痛系調教の餌食に

電流責め 痛み SM

PAIN GATE 辛裸蛮障

● 出演:日菜

● 監督:—–

● メーカー:SCRUM

● 収録時間:115分33秒

● あらすじ:PAINGATE作品を見て風見氏のもとに訪れた日菜、約一年の調教期間を経てPAINGATEに出演。まだ幼さの残る彼女が苦痛系調教メニューに挑む!恐怖と苦痛で顔面蒼白になりながら数々の責めを受け彼女の感情があふれ出す!

ロリ系女優がPAIN GATEに挑戦!

鞭打ち 叫び

さて今回はSM作品の中ではトップクラスのハードさを誇るPAIN GATEシリーズから第18作目で最新となる『辛裸蛮障』をご紹介しよう。

 

同シリーズについてはもう説明は不要かもしれないが、ビンタや蹴り、そして鞭打ちは当然のことながら、電流責めや串刺しによる流血などを題材とした作品なのだが、どのプレイも本気なのである。

力の限り女性を痛めつけ、身体中に穴をあけて流血させる。嫌がる女を無視して電流を流し、場内には悲鳴と涙、そして涎が飛び散るのである。

 

さて、今回本作に出演するのは日菜という女性。

彼女を調べてみると、おそらく木南日菜という女優だと思われる。

 

1995年生まれの彼女は数々のAV作品に出演している売れっ子。そしてなにより95㎝のHカップという豊満なバストが魅力的なのだが、今回はその胸をこれでもかというくらいに串刺しにされてしまうのだ。

 

売れっ子の彼女がどうしてこういった作品に出演したのかは謎。普通に仕事をしていても良さそうなものなのだが。

説明文からは、同シリーズを見て興味をもち、自ら志願したとも捉えられる説明がなされているのだが….。

 

4部構成の苦痛系調教メニュー

本作は四部構成で成り立っている。

DV Play

ビンタ 涙

鞭、ビンタ、蹴りなどのDV Play。

これにより拷問の開幕をつげる悲鳴が….

 

拷問の始まりにふさわしいスパンキングの嵐。

しずかな場内にムチの音が響き渡り、身体にあたった瞬間に大きな悲鳴を上げる。なんとも心地よい。

 

本気のビンタに痛みのあまり、泣き出すもそんなことはお構いなくプレイは続けられていく。

電流拷問

電流責め

椅子に座らせて有刺鉄線で拘束釣針とチェーンを使用し、腕や足などに刺し開口器を装着。

悲鳴を出せない状態でスタンガン通電。ラビアにクリップ通電責め。

最後に電流責めで硬直した筋肉が一気に脱力し大失禁。

串刺し拷問

木枠に胸を固定して乳首乳房にスポーク刺し打ち。

はじめての串刺しに顔面蒼白に….。そして背中に一本ムチ。ケインの打撃と続く…。

首吊り

首吊 祈り

逆海老逆さ吊りなどの緊縛をしてから首吊絞首刑。

涎を垂らしながら硬直する四肢。凄惨すぎる光景に絶句。

 

徹底的な虐めを受けたあと、集大成ともいえる首吊りプレイに移行。

両手を胸の前で組み、何かを祈るような仕草を見せる彼女であったが、縄を首に掛けられ少しずつ足が地面から離れる。

 

苦しそうな表情を見せ、酸素の供給が絶たれていく。

そして普段では見ることがない四肢の動きを見せる。

 

まとめ

いかがだろうか。

やはり同シリーズの特徴はこのような鬼畜プレイを本気で行うということだ。

現役のAV女優が出演しているということで、若干控えめなプレイになってしまっている感じもあるのだが、それでも他のレーベルとは一線を画しているのがSCRUMのすごいところだ。

 

本作はサンプル動画があるので、ぜひそちらを一度視聴していただきたい。

 


アダルトブログランキングへ
エログ-(エログランキング)