美人弁護士が白目で失神?ロープとパンストで快楽首絞め

弁護士ロープで 首絞め

アブノーマルシンドローム3 首絞め殺人事件検証

● 出演:川越ゆい若槻みづな

● 監督:-----

● メーカー:トラウマアート

● 収録時間:3分23秒

● あらすじ:人が首を絞めて死ぬ瞬間を実体験し、快楽殺人を二人の美人弁護士が哲学し研究するトンデモ社会派プログラムが登場。

美人弁護士が首絞め殺人に挑む!?

美人弁護士ときいて皆さんは誰を思い浮かべるだろうか。

2018年に放映されたリーガルVというドラマで弁護士薬を演じた米倉涼子や、主役を堺雅人が演じたリーガルハイの新垣結衣などを思い浮かべるかもしれない。

 

米倉涼子とガッキー、大好物なんすよ。えへへ。

あんな気の強そうな女たちを調教したいと思っているのは私だけではないはずだ!

 

話がそれました…。

 

両ドラマはあくまでフィクションであり、両方とも名女優が演じているという点では現実味はないし、私自身、今の時点では弁護士のお世話になったことがないので、弁護士が日々どんな業務をおこなっているのかは分からない。

ただ、本物の弁護士の仕事というのは地道な情報収集に始まり、多くの検証を重ねて事実を確認し、そして法廷に立ち弁護を行うものだと思う。

 

さて、そんな弁護士という仕事にフューチャーした作品をご紹介しよう。

 

登場人物は2名の 美人弁護士だ。

 

このアブノーマル・シンドロームという作品、過去作品もあるのだがシチュエーションがとてもおもしろい。

 

弁護士首絞め

そして今回のお話は、2人の美人弁護士が実体験をもとに快楽殺人を暴いていこうという内容。

実体験とは….。そう、さまざまな場面を想定した上で首を絞め合い、殺人犯の心理を分析しようというのだからトンデモナイ!

といっても本人たちはいたって真面目。

美人弁護士がロープやパンストで首を絞め合う!

弁護士首絞め2

本人たちは弁護士らしく、ブラウスにスカート、パンツルックという格好。

やっぱり首を絞められるのはスーツ姿の女性に限りますね、えへへ

 

多種多様な方法で首を絞め、犯人の心理分析を試みるのである。

素手での首絞めにはじまり、指紋を残すことを避けるために革手を履いての首絞めにトライ。

サスペンスドラマでは常套手段として使われるロープも検証対象だ。

髪の毛首絞め

個人的にツボなのが髪の毛を使った首絞め。突発的な殺意を覚えた場合、現場に痕跡を残さず首を絞めようとするなら有効な手段であろう。

作品では顎に髪が引っかかり、上手く絞められない描写も見られ、妙にリアルである。

 

正直なところ、素手にしろロープにしろタイツにしろ、絞め方は非常に弱く演技がまる分かりである。まぁシチュエーションをメインとした作品では仕方ないのだろう。

なので、本格的な首絞めが見たい御仁にはオススメはしない。

 

内容については是非本編を見ていただきたいのだが、失神するまで首を絞めて殺人犯と被害者の心理状態を分析、検証する社会派プログラムと銘打ってるだけの内容かどうかと言われると、やはりうーんという印象は拭えない。

演技ができる女優さんばかりではないし、米倉涼子やガッキーと比べると演技は見劣りしてしまうのは当然だ。

 

ただ首絞めプレイについては興奮する要素が多く散りばめられてると思う。

馬乗りになって首を絞める際にスカートの隙間からパンツが除いたり、失神してだらしなく開く股などなど、ここぞという時にエロを出してくるのは悪くない。

 

他にもいろいろとポイントがあるので、シチュエーション好きは一見の価値はあるだろう。

 

 

 

 


アダルトブログランキングへ
エログ-(エログランキング)